3万円を即日で借りる方法を徹底解説!

急にお金が必要になった時って一体どこで借りれば良いのでしょうか?特に、友達にも借りにくい3万円という金額・・・。難しいですよね。お金を借りるには、代表的な金融機関で消費者金融、有名なのが銀行カードローンやクレジットカードキャッシングです。この3つの違いはなんでしょうか?またどこが一番お得に借りれるのでしょうか?当サイトではこの3つの金融機関を比較してみました。即日3万円が必要・・・!!という方は要チェック☆

 

3万円を即日で借りる方法【目次】

 

 

消費者金融で3万円を即日で借りる方法

お金を借りるといえば!!な、イメージの消費者金融。ですが意外とマイナスなイメージを持っている方も少なくありません。ですが、実は金融機関の中では比較的お金が借りやすかったり、「30日間金利0円」という嬉しいサービスを行っている金融機関でもあります。消費者金融は金利が高いと思っている方も結構いると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?ここでは消費者金融を代表する3社を、金利と、平日・休日の即日借入可能かどうかの3つを比較してみました。即日お金が必要・・・という方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

3万円を即日で借りれる消費者金融BEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

4.5%~18.0%(年率)

モビット

3.0%~18.0%(年率)

消費者金融はコンビニATMで借入可能!!

3万円が今すぐ必要な場面って、正直急いでいるか緊急の用事があるときですよね。そんな時に指定の銀行のATMを探すのって正直、面倒だと思いませんか?もちろん、消費者金融によってはコンビニのATMでおろすと少し手数料がかかってしまうのですが、「時は金なり」とはよく言ったもので指定のATMを探しまわるよりよっぽど有効的!!消費者金融は多くのコンビニや銀行ATMと提携しているので、カードさえもっていれば基本的にどこでも下ろすことができます。つまり余計な時間を短縮できるというメリットがあるんです。

 

消費者金融は24時間ネット受付OK♪

お金を借りる手続き=電話か対面・・・というイメージがあるかと思うのですが、消費者金融は場合はネットでの申込のみ、もしくはネットで申込のあと電話確認という至ってシンプルな方法で契約することができます。消費者金融によっては、即日で借入することができます。もちろん受付時間によってはもう少し日にちがかかってしまう場合がありますが、基本的に他の金融機関よりはスムーズに借入することができると思います。またアコムに関して言えば、むじんくんという自動契約機があるので、時間内だとその場でカード発行が可能です。

 

3万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融ランキング

 

アコムの特徴

自動契約機があるアコムは、8:00~22:00での申し込みでその場でカード発行が可能な消費者金融となっています。つまり、即日借入が可能ということです。また、自動契約機が近くにないけど「急いでる!!」という方はフリーコールまで電話すると、即日借入が可能なのかどうかの返答をもらうこともできます。消費者金融3社の中では一番はやく借入ができるのがアコムです。

金利 3.0%~18.0%
評価 評価5
備考 時間内だと自動契約機でその場でカード発行OK
 

 

 

アイフルの特徴

アイフルは急いでいる場合、ネットで申込あとにフリーダイヤルへの電話で審査回答の時間が短縮できます。電話受付の時間は9:00~21:00と決まっているのですが、この時間内であれば最短30分で審査が完了する可能性もあるようです。ただしネットで申込した場合は書類等が郵送されてくるので、家族にバレたくない方は要注意です。

金利 4.5%~18.0%(年率)
評価
備考 最短30分で審査完了
 

 

 

モビットの特徴

モビットはWEB完結申込ができる消費者金融です。つまり、基本的に申込後、電話連絡や郵送物がないということです。これは家族にバレたくないという方にオススメです。さらに申込後、最短3分で指定した銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。ただしこれには9:00~14:50までの受付が条件と決まっているので注意が必要です。

金利 3.0%~18.0%(年率)
評価
備考 9:00~14:50までの申込で最短3分で銀行振込
 

 

銀行カードローンで3万円を即日で借りる方法

銀行カードローンは消費者金融と比べて基本的に金利が高めに設定されているイメージなのですが、当サイトで比較している3社は他の銀行カードローン会社と比べると最低金利が低く設定されています。また、銀行と付くだけできっちりとした書類のやり取りが必要なため時間がかかりそうと思っている方もいるのですが、銀行カードローンは即日借入が可能なのかを比較してみたので、銀行カードローンを考えている方はチェック!!

 

3万円を即日で借りれる銀行カードローンBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ジャパンネット銀行カードローン

2.5~18%(年率)

りそな銀行カードローン

3.5~12.475%(年率)

住信SBIネット銀行カードローン

1.89~7.99%(年率)

ジャパンネット銀行のカードローンは30日間無利息!!

このサービスは、消費者金融ではよくあるサービスなのですが銀行カードローンはとても珍しいサービスです。初回の方限定なので、口座を持っていない方は口座開設から始めないといけないので、ある程度時間がかかります。即日借入したいという方にはあまりオススメできませんが、ある程度時間があり、カードローンが良いという方にはオススメです。また年齢が20歳~69歳までと制限があるので、それ以外の方は対象外となります。300万円までは収入証明書が原則不要なので、対象の方で収入証明書の提出をなるべくしたくないという方にはオススメできる銀行カードローンだと思います。

 

銀行カードローンは3社とも口座が必要!!

当サイトで比較している銀行カードローン3社はすべてその銀行の口座が必要となっています。あらかじめ口座を持っているのであれば、最短即日での借入が可能なのですが、もし持っていない場合は口座の開設が必要となるので、また時間がかかってしまいます。そのため即日借入が必要なときには不向きかもしれません。また、今回の場合だと3万円という比較的小さな金額で返しやすい金額でもあるので、こういうときには、申込後即日借りることができる消費者金融の方がオススメかもしれません。

 

3万円を即日で借りるのにおすすめの銀行カードローンランキング

 

ジャパンネット銀行の特徴

銀行カードローンでは珍しい「30日間無利息」のサービスがある金融機関です。もちろん返済の延滞があった場合は無利息にならない場合もありますが、きちんと約束を守っていれば30日間は無利息で借りることができるようです。3万円という金額ならこのサービスを使うのも有効的です。ただし申込できる年齢が20歳~69歳までと決まっているのでそれ以外の方は注意です。

金利 2.5~18%(年率)
評価 評価4.5
備考 ネットでの申込24時間可能
 
 

りそな銀行の特徴

りそな銀行は口座を持っている必要ですが、持っていない場合はカードローンの審査結果が出たあとの口座開設になります。大手の銀行なのですが、カードローンの手続きに来店の必要はなく、ネットでの申込をすることができます。審査は最短で即日回答で、時間によっては即日は不可能となっています。

金利 3.5~12.475%(年率)
評価 評価4
備考 カードローンの手続きに来店不必要
 

 

 

住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は名前の通りネットの銀行で実店舗がありません。そのためにプレミアムコースの金利は他の銀行カードローンと比べてとても低くなっています。300万円までの借入なら収入証明書が不要で手続きもネットなのでとても簡単です。ただし、口座を持っていることが条件となるので、持っていない場合は即日借入が難しくいます。

金利 1.89~7.99%(年率)
評価 評価3
備考 銀行カードローン3社の中で一番低い金利
 

 

 

クレジットカードのキャッシングで3万円を即日で借りる方法

パートやアルバイトだとクレジットカードのキャッシングは不可能と思っている方が多いのですが、最近ではパートやアルバイトの方でもクレジットカードのキャッシングを使用できるようになってきました。また3万円が即日必要になった人のためにカード発行を早くしてくれるクレジットカードの会社もあります。ここではキャッシングの際の金利と即日可能かどうかの比較をしています。クレジットカードキャッシングを考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

5万円を即日で借りれるクレジットカードのキャッシングBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ACマスターカード

10.0~14.6%(年率)

セディナカード

18.0%(年率)

エポスカード

18.00%(年率)

即日カード発行してくれるのはACマスターカード♪

まずクレジットカードでキャッシングするには大前提としてクレジットカードが必要ですよね。でも持っていなければ申込をしてからのカード発行になるので最低でも3~4日間はかかります。ですがACマスターカードの場合はなんと最短で即日発行してもらうことができます。というのも、自動契約機というものがあり、ネットで申込をしたあとに、8:00~22:00の間であれば、自動契約機でカードを受け取ることができます。つまり極端な話「明日から海外だから3万円キャッシングしておきたいな」と思えばその場でネット申込をし、即日受け取ることができるということです。とても便利ですね。

 

セディナカードとエポスカードの金利は18.0%!!

クレジットカードキャッシングの金利は、消費者金融や銀行カードローンと比べるとかなり高くなっています。今回は3万円という金額なので、そこまで高額にはならないかも知れませんが、それでも他のサービスがあるところと比べると高く感じますね。その点同じクレジットカードキャッシングがあるACカードの金利は10.0~14.6%なので、まだ少し安いかと思います。そうしてもこの2つのクレジットカードキャッシングが良い!!という場合以外は、他の金融機関の利用の方が良いかもしれませんね。

 

5万円を即日で借りるのにおすすめのクレジットカードキャッシングランキング

 

ACマスターカードの特徴

当サイトで紹介しているクレジットカードキャッシングの中で1番の低金利なのはACマスターカードです。また、カード発行も最短で即日可能というのが大きなメリットです。また返済方法もたくさんあるので、自分にあった返済方法を選ぶことができます。クレジットカードの年会費も無料なので、気軽に持つことが可能です。

金利 10.0~14.6%
評価 評価5
備考 年会費無料のクレジットカード
 

 

 

エポスカードの特徴

エポスカードはクレジットカードキャッシングの中では珍しく最大で「30日間金利0円」サービスがあるカード会社です。最大で30日なので場合によってはもう少し短くなるかもしれませんが、すぐに3万円を返せる状態であればエポスカードのキャッシングはオススメです。またキャッシングは1,000円から可能なので必要な金額である3万円ならピッタリです。

金利 18.0%
評価 評価5
備考 最大30日間金利0円サービスあり
 

 

 

セディナカードの特徴

セディナカードは、ネットでの即時振込キャッシングサービスがある金融機関です。これには条件があり、即時即日してもらうには午前10時までの申し込みでなければいけません。なのでお昼頃の申込になると翌日になります。なので必要な時に即日キャッシングかというと少し難しいです。また基本的に毎日23:30~0:15まではサービスが停止しているのもデメリットです。

金利 18.00%(年率)
評価 評価5
備考 ネットでの即時振込キャッシングサービスあり
 

 

とにかく本当にすぐ3万円が必要!!ぶっちゃけ、どの金融機関が一番早い?

これは、状況によるのですが、例えばクレジットカードやローン用のカードを持っておらず、ただし口座だけはある・・・という状態だとやはり消費者金融が1番早いのではないでしょうか。基本的に消費者金融は24時間の受付になっており、アコムの自動契約機の場合は最短でその場でカード発行してもらうことができるので時間短縮ができます。また金利に関しても初めての方限定で期間も決められていますが金利0円のサービスもあるので3万円という期間内に返せる可能性がある場合にはオススメです。

 

とりあえず今すぐ3万円必要なんだけど、もう少し借りたいときはどうすれば良い?金利は大丈夫?

みなさんもご存知かもしれませんが、基本的にクレジットカードのキャッシングや銀行カードローンはあらかじめ限度額が決められています。借入できる金額は自分の収入の3分の1となっています。金利に関しても、借入の額が多いほど金利が安くなるシステムの金融機関が多いのですが、通常10万円くらいまで金利は変わりません、たくさん借入をしてしまうと返すのが大変で長引き、その分金利もついてくるので注意です。

 

3万円を即日で借りる方法:Q&A

学生で一人暮らしをしています。バイト代が遅れそうで今すぐ3万円借りたいです。可能ですか?

中には学生でも借りることのできる金融機関があります。消費者金融なんかも可能となっていますが基本的に「20歳以上の安定した収入のある方」という条件付きです。つまりきちんとアルバイトをしている20歳以上であれば学生でも可能ということですね。ただし、お金を借りるには多少のリスクがあるので、まだ学生の方は周りに相談するなどして、特に慎重に借りたほうが良いでしょう。

 

3万円即日借入したいけど、家族にはバレたくない。郵送物が来ないようにできますか?

基本的にネット申込の場合、審査の電話があったり、書類が自宅に届いたりします。ですが、稀にネットでの完結申し込みがある金融機関もあります。消費者金融でいうと、モビットなんかは電話連絡と郵送はなしとなっていますし、アコムだと自動契約機があるので、直接そこで手続きすればカードもその場で受け取れて自宅に届く心配はありません。自分の状況と合わせて金融機関を選ぶのが良いですね。

審査を行わずに3万円借りる方法とは

基本的にお金を借りる方法としては親や兄弟などの家族や友人から借りると言うケースが多くなります。ただしこれはあくまでも少額に限りますしお金の貸し借りはトラブルになりやすいので、可能ならば避けて他の方法を考えた方が良いとされています。そして、他の方法として最も一般的になるのが消費者金融からの借り入れになります。基本的には申し込みを行って、審査を通過してから実際に借り入れると言う形になります。しかし借り入れの金額によっては審査が行われない場合があります。これは消費者金融側から見た場合の少額融資の場合で、3万円程度の借り入れであれば審査を行わない事が多くなります。

と言っても完全に審査が行われないと言うことではなく、本人確認などは必要になります。この場合は貸しても大丈夫なのかの前に、借りに来た人は本人なのかと言う意味での確認になります。例えば友人の名前と住所などを悪用して借金するような事態を防ぐためにも必ず本人確認は行われ、仮にそれすらも行わないような消費者金融があった場合には非常に危険性が高くなります。なので、無審査と言っても基本的な確認は必ず行われます。ただ、少額融資の場合は収入証明書などは必要ありませんし勤続年数なども大きな問題にはなりません。なので高額の融資に比べると審査は甘く、ほぼ審査されないと言っても良い状態になっています。

また、この申し込みに関しても現在では非常に簡単に行えるようになっています。例えばインターネット上から申し込みする事ができる消費者金融はたくさんありますし、その際の確認もファックスなどで免許証のコピーを送って済ませると言う形が多くなります。なので、現在では即日で3万円程度借りる事は非常に容易に行えます。また、審査が甘い事から専業主婦や無職の方でも借り入れできる可能性が高くなります。

その場合には家計収入の証明は必要になりますが、通常の審査よりも遥かに基準が甘くなりますので通過できる可能性は高くなります。なお、ブラックリストに載っている方の場合は少額でも難しくなります。これは返済能力よりもトラブルを避ける意味合いが強くなり、基本的にブラックリストに載るような方はトラブルを起こすことが多いと判断される事が理由になっています。したがって、ブラックリストに載っているような方が無審査でお金を借りる事は例え少額であっても非常に困難になると言えます。

 

申し込みなどの注意点について

このように3万円程度の金額であれば比較的簡単に借り入れしやすくなっていますが、それでも借り入れができないと言う場合があります。
それは書類の記入ミスなどの場合で、このような時には審査が行われない場合でも借り入れは不可能になります。例えば最近ではインターネットの発達に伴い携帯電話から申し込みできるようになっていますが、これこそが問題点になっています。と言うのも基本的に携帯電話の画面は小さく見づらいので、押し間違えや記入ミスが多くなります。また、スマートフォンなどの場合は指が滑る可能性があります。この場合でも入力ミスになりますので、消費者金融側としては虚偽の記載と判断します。

さらにこの虚偽の記載と判断された場合には大きな問題になる可能性が潜んでいます。例えば年収が200万円と記入しようとして2000万円と記入してしまった場合は悪質な虚偽の記載とみなされる可能性が出てきます。そうなると3万円借りようと思っただけなのにそれ以上の被害を被る事がありますので、3万円と言う少額であってもインターネット上から申し込む際には細心の注意を払う必要があります。また、消費者金融の中には非常に悪質な業者もあります。この場合は完全に審査が行われず、3万円と言わずにそれを大きく上回る金額の貸し付けが行われます。

このような場合には大きな問題になりやすく、3万円借りに言って20万円貸し付けされ返済が100万円になったと言うケースもあります。このような非常に悪質な業者の場合はうたい文句として完全無審査や主婦や無職でも大丈夫、ブラックリストに載っている方にもお貸ししますなどの広告を出している事が多くなります。このような広告につられてしまうと3万円借りに行ったはずなのに100万円の返済を迫られると言う事にもなりかねません。なので3万円程度の少額であっても大手の消費者金融から借り入れする方が安全性は高くなります。基本的にテレビでコマーシャルを流していたり、電車の中吊り広告などを出している業者は安全性が高くなります。

基本的に多くの消費者金融が最も避けたいのはイメージダウンになります。悪いイメージがついてしまうと顧客が減ってしまいますし、そうなると経営の危機に陥ってしまいますなので大手の消費者金融などはクリーンなイメージを心がけていて、通常は厳しい取り立てや高額な利息などは取らないようになっています。